Traffic Patrol2

webサイトの表示速度を実ブラウザで24時間監視
~ ページ表示速度の計測と改善 ~

tp2-banner

サービス概要

Traffic Patrol2は、ご担当者に代わって24時間Webサイトをクリックし、シナリオに沿ってエンドユーザのブラウザ表示速度や、ブラウザの表示内容を監視し続けるASPサービスです。
表示速度を24時間計測・監視することにより、Webサイトの改善を図り、お客様の離脱を防止することができます。ブラウザ表示内容に異常があった場合、管理者へ通知することも可能です。

「会員ページにログインしたあと、検索ボタンをクリック」といった操作をシナリオとして作成し、シナリオの流れに沿って、実ブラウザIEやスマートフォンの標準ブラウザを使用して、Webサイトのレスポンスを24時間計測し続けます。
実ブラウザを使用しているため、css、jpg、JavaScript、Flashなどを表示する時間までも計測することが可能です。

無料レスポンス計測をすぐに試す ▶

システム概要

Traffic Patrol2はインターネット網上に管理用サーバーシステムと監視エージェントを予め配置するため、ご利用頂く際に設備投資を必要とせず、低コストで応答状況を24時間把握することができます。 TP2gaiyouZU それぞれの監視エージェント内のブラウザで計測されたデータは管理用サーバーへ送信され、管理用サーバー内に蓄積されます。
実ブラウザによるレスポンス状況のグラフを随時パソコンから閲覧することができます。

無料レスポンス計測をすぐに試す ▶

Traffic Patrol2の特徴

1 一連のブラウザ操作に対応したレスポンス計測

TOPページの表示、ログイン、検索実行などの一連の操作に対するブラウザのレスポンス時間や、ブラウザの表示内容の監視が可能です。
 

2 実ブラウザ IE やスマートフォン実機を使った監視 new017_06

パソコンでのレスポンス監視は、シナリオに沿ってインターネットエクスプローラ(IE)を自動操作し行います。スマートフォンによる監視は、iPhone, Android などの機材の標準ブラウザを自動操作し、LTE回線を利用しながらエンドユーザの操作に近い環境で、ブラウザの表示時間の計測や監視を行います。
 

3 スケジュール機能

監視の実行・停止を曜日単位、時間単位で指定可能です。
計測時間間隔は、5分・10分・15分・30分・60分から選択可能です。
 

4 通知メール機能

Webサーバーからの応答がない場合や、判定キーワードエラー、レスポンスの遅延が発生した場合に異常をメールで通知します。
実ブラウザIEの描画(レンダリング)開始時間が指定された秒数より遅い場合に、メールで通知することも可能です。
 

5 詳細なレスポンス計測データ

計測結果グラフは従来のTrafficPatrolの基本グラフに加えて、1つ1つのイベントについて water fallグラフを 表示する機能が追加されました。water fall グラフの中にはブラウザの描画開始時間、表示用データ受信完了時間も記載しています。
計測したレスポンス結果はシナリオ単位でダウンロードし、エクセル等で分析することが可能です。上記の「5分で結果わかる無料レスポンス計測」でも計測結果をwater fallグラフで表示します。water fallグラフには実際のIE内部でのエラー状況も記録されており、また各オブジェクトの詳細な応答状況も把握できるため、何が原因で表示全体のレスポンスが遅いのかの検討が可能です。

water fallグラフ例

water fallグラフ例

 

6 取得したhtmlソースの保持

実ブラウザIEによるレスポンス計測時に、取得した各イベントの最新のhtmlソースを保持しますので、エラー発生時の各イベントのhtmlをブラウザで閲覧することが可能です。
監視が正常に動作しているかのチェックに有効です。
 

7 キーワードチェック

Traffic Patrol2が取得したhtmlが正常かを判定するため、判定キーワードを設定できます。
受信したhtml内に判定キーワードがあるかチェックし、異常の場合はメールで通知します。
 

8 計測結果保管期間 2年

管理サーバー内の実ブラウザによるレスポンス計測データは2年間保管いたします。
1年前、2年前の計測結果をグラフで参照することが可能です。システムを更新した場合のレスポンス比較などに有効です。
複数のブラウザを立ち上げてレスポンス状況のグラフを閲覧すれば、レスポンスの比較を簡便に行うことができます。
※2年間のデータ保管を保障するものではありません。
 

9 携帯(フィーチャー・フォン)サイトへの対応

実ブラウザIEを使用しレスポンス計測を実施いたしますが、ユーザーエージェントを変更することにより、携帯サイトのレスポンス計測、サーバーシステム監視を行うことが可能です。
 

10 描画(レンダリング)開始時間のグラフ表示

各ページの全コンテンツの取得時間のグラフに加えて、実ブラウザIE画面の描画(レンダリング)開始時間のグラフを閲覧することができます。グラフ閲覧時に、「コンテンツ全取得時間」、「描画(レンダリング)開始時間」のいずれかを指定(切り替え)することができます。

コンテンツ全取得時間グラフ

コンテンツ全取得時間グラフ

← 切り替え →
描画(レンダリング)開始時間グラフ

描画(レンダリング)開始時間グラフ

 

11 タイムアウトした計測結果のグラフ表示

ページを全て表示するまでの時間が、あらかじめ設定した秒数よりも長い場合、タイムアウトとなり処理が終了します。
ウォーターフォールグラフにより、ページ内に存在するコンテンツのうち、どのコンテンツに時間がかかっていたのかを知ることができるので、 パフォーマンスの向上に役立てることができます。

water fallグラフ例

water fallグラフ例

 

12 計測データのダウンロード機能

グラフ表示に使用している詳細データをダウンロードすることができます。
タブ区切りでのデータ構造なので、計測結果を簡単に修正・分析することが可能です。
以下ページより詳細データをダウンロードしてください。
※データダウンロードは月単位のみとなります。

データダウンロードページ1

データダウンロードページ1

データダウンロードページ2

データダウンロードページ2

 

13 計測結果の集計機能 new017_06

集計機能では、指定した期間(最長7日間)の計測値から下記5種類の項目を集計いたします。

  • イベントごとのレスポンス時間の平均値
  • ファイルごとの計測回数
  • ファイルごとのレスポンス時間の最小値
  • ファイルごとのレスポンス時間の最大値
  • ファイルごとのレスポンス時間の平均値

計測結果を集計する事により、特定の「時間帯」や「日」の全体的な状況を把握することができますので、効率的にボトルネックを見つけることができます。
また、集計結果をCSV形式でダウンロードすることも可能です。

計測結果の集計機能

集計結果例

 

無料レスポンス計測をすぐに試す ▶

Traffic Patrol2 ご利用例

チケット販売システムでのご利用例 シナリオに沿って、それぞれのイベントのレスポンス時間を計測することが 可能です。
ticket_sell

無料レスポンス計測をすぐに試す ▶

Traffic Patrol2 ご利用メリット

リスクマネージメント/顧客満足度の向上

お客様からレスポンスが遅いと苦情があった場合、レスポンス時間を説明するための客観的な根拠として、Traffic Patrol2をご使用頂くことにより、Webシステム側の サーバーが遅いのか、お客様のインターネット接続環境が遅いのか、原因の切り分けを行い、正確な実態を把握することができます。
week_graph1
tues_day1

 

Webシステムの改善点の把握

Traffic Patrol2はユーザー操作をエミュレートし、仮想ユーザにより24時間Webシステムのレスポンスを監視します。
WebシステムにID、パスワードを入力しログイン後、商品を購入したり、チケットの 予約等を自動的に定期的に行い、それぞれのレスポンスを計測することができます。 各イベントのレスポンス時間を参照することにより、 Webシステムの改善点を把握することができます。
bottle_neck1

無料レスポンス計測をすぐに試す ▶

お問合せ

本サービスのご利用をご検討いただいているお客様に、1週間の無料テスト利用サービス をご提供させていただいております。デモンストレーションも随時行っております。
本サービスの価格等につきましても、お気軽にお問い合わせください。

 

 contactbunner

※お申し込み前に、必ず利用規約のご確認をお願い致します。